いっちーのきままなブログ

思いついたこと、楽しかったことなど。

森記念秋水美術館

f:id:yiyuan9390275:20160619180351j:image

父の日ということで?両親連れて行ってきました、富山市の森記念秋水美術館!

http://www.mori-shusui-museum.jp/

 

f:id:yiyuan9390275:20160619175908j:image

一般(大人)1,000円。日本刀や甲冑など、外国人観光客に受けそうな内容です。団体さん(日本人)もいらしていたようで、結構にぎわっていました。(駐車場は10台程度しかないようです。)

私は日本刀のことはさっぱり??ですが、皆さん楽しそうにあれこれ語っていらっしゃいましたw

細川元総理関連の企画展もあり。

どうやらカフェも併設しているようですね。館内は撮影禁止なので写真は外観と、エントランス近くの庭園です。(←許可とりましたよ〜)

f:id:yiyuan9390275:20160619175921j:image

窓の西日対策に透明フィルムを貼ってみました。

2階の寝室兼マイルームの西日対策。
やっとこさ重い腰をあげて、太陽が沈んでから窓の片面だけ貼ってみました。

明日が楽しみです!
(コツはあらかじめサイズはちょっと小さめに切っておくこと。特に開閉部分が引っかかるところは…ふう)

f:id:yiyuan9390275:20160618213041j:image

7月31日追記

透明タイプはやっぱり効果が弱いな〜と感じ、もう片方の窓はミラータイプにしてみました!

(シワがどうしても取りきれなかったのですが…)

北京グランドスラムで車をチャーター

2016年のゴールデンウィーク(5月1日〜5日)は両親を連れて中国の北京に観光に行ってきたのですが、色々と重なり?日本に帰ってすぐに風邪をこじらせてしまって(PM2.5のせいか…?)ずっとブログを書き損ねていました。

 

今日は北京旅行の時に利用しました「北京グランドスラム」さんの車チャーターを取り上げたいと思います。

http://www.grandslam.com.cn/index.html

こちらはあらかじめネットで内容を確認の上(日本語で)予約しまして、現地ドライバーさんが宿泊先(Booking.comを利用)まで指定した時間に来てくれます。ドライバーさん(運ちゃん)は中国人で日本語は話せませんが、いざとなれば携帯で連絡して日本人スタッフさんにサポートしてもらえます。特にトラブルもなく、無事行きたいところに行って楽しむことが出来ました。

 

1日目(5月2日)

AM6時にホテル出発〜万里の長城慕田峪長城)〜国家スタジアム(鳥の巣)近くに北島康介選手が活躍した「水立方」も〜お昼ご飯に、大熟悉 団結湖店〜ホテルに戻る

 

コンビニ(セブンイレブン)でおにぎりなど朝食を調達してから移動。(運ちゃんに一言ことわり、車内で飲食。)お天気がイマイチだったせいか?渋滞もなく7時30分頃には目的地に到着。ちゃんと切符売り場まで連れていってくれました。(個人ではなく団体でOKでした。金額は変わりませんが、こっちの方が待たずに購入できました。)

f:id:yiyuan9390275:20160618165342j:image

私たちは往復ロープウェイでバスと入場料でたしか1人160元でした。(もちろん自分たちが払います。)もっと安いのでリフト(帰りはスライダー!)そして階段もありました!そっちに向かっていく若者たちも結構いました!(しかも軽装だったけど…)

f:id:yiyuan9390275:20160618165251j:image

万里の長城で一番有名なのは八達嶺長城なんですが、そこは街から近いのでたいていの団体さんはそっちに行きます。つまり混みます。物売りさんも多いです。(20年近く前に行った時の印象ですが、たぶん変っていないのでは?)

 朝一番くらいでしたので、長城にはスタッフと数人程度。その後徐々に人が増えてきましたが、ゆっくりと堪能することが出来ました。

雨も降ってきたので駐車場に戻って(運ちゃんは車の中でお休みでした。)起こして、北京市内にUターン。

お昼前でしたがさすがに途中、渋滞にひっかかり、私たち3人はウトウト…。

北の郊外にある国家スタジアムへ。ここも広い!この頃は雨風が強くなり、寒いのでさっさと戻りました。

f:id:yiyuan9390275:20160618165445j:image f:id:yiyuan9390275:20160618170202j:image

そしてお昼は北京ダックの食べられるお店に。

うちらが食べている間は運ちゃんはどうしていたんだろう…。

f:id:yiyuan9390275:20160618165544j:image 

2日めの市内観光も同じ人でお願いしたのですが、こちらはまた後日。

 

正直、料金は現地の感覚でいけば結構いいお値段(郊外160km、8時間で850元。だいたい15,000円)でしたが、郊外の長城は公共アクセスは良くなくて、両親と3人で利用でしたし、なにしろ中国なのでwほとんど中国語を話せない私が現地のタクシーをチャーターして、まともに行ってくれるとは思えない!(運転手さんオススメ?のところに先に連れて行かれる…北京はそんなことない?)

 

参考までに、宿泊先で申し込み可能な現地ツアーはリフトで1人280元。(安いけど英語のみ。自分1人だったら利用したかな。出発時間などスケジュールも決められている)

日本語現地ツアー(たいてい、高いだけの土産屋に必ず連れて行かれる)もありましたが、弾丸日程の中、なるべく無駄なだけの時間は使いたくなかったので(有名な渋滞、初めての場所で道に迷うとか…)この選択は正しかったかと。

富山の朝活で立花岳志さんのセミナー参加

#富山の朝活 #20160604
立花岳志さんのアクセス10倍アップ ブログ&SNS講座

立花さんはみっちりたっぷり今までのノウハウを伝授してくださいました!
本も購入していましたが、やはーりご本人から直接聞けるというのは情報量がケタ違いです。
No Second Life
http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/46594

 

ブログは筋トレ
「質より量より更新頻度」
たとえば立花さんがブログのために行動していること。
北陸新幹線富山駅に到着。
重い荷物があるのでホテルまでタクシーで行きたいところをわざわざ市電を利用。(ブログネタに)
ANAホテルにチェックイン後、タクシーで環水公園のスタバに(ブログネタに)
講演会のお昼はあえて富山ブラック元祖の大喜へ。(すべてブログネタ重視!)

f:id:yiyuan9390275:20160612160109j:image

20世紀はマスメディアの時代
21世紀は個人の情報発信の時代!
(日本人の99%は情報「受信者」である)

自分の「やりたいこと」が相手への「貢献」になることがポイント

ブログは情報を整理し、強みを体系的にする最強のツール

何を伝えるブログなのか「コンセプト」を明確にする

コンセプトとは「やりたいこと」「なりたい自分」

これから始めるなら「自分ブランド」を作ろう

でも一番大事なことは「とにかく始めること!」

ブログサービス選び(アメブロは問題が多い)

本気でやるなら独自ドメイン+WordPress

プロフィールが超重要
ハンドル(ペンネーム)で良い
イラストや似顔絵で良いのでアイコンをつける!

ブログ・ SNSで名前・画像を統一する

Google Analytics
Google Search Console

記事のタイトル冒頭にキーワード!
(読者は検索サイトに「知りたい情報」の「キーワード」を入力する

 

今回、下書き用に(使ってなくて一度削除しちゃっていた)Evernoteをダウンロードしなおして使用してみました。

 

富山の朝活で立花岳志さんのセミナーに参加

#20160604 9:30〜11:30
テーマ:まずは心を整えなさい ツナゲル こころ講座
f:id:yiyuan9390275:20160605212012j:image
成功イコール「幸せ」ではない

コンフロント Confront 
自分(過去の傷)と徹底的に向き合う(とても辛い作業…うう)

コアビリーフ(自己定義)の解放は世界観を劇的に変える!(エヴァ、テレビ版最終回のシンジ君みたいな?)
(下りのエスカレーターが上りにチェンジ!
ただ私が存在しているだけでオッケー!)

上りエスカレーターの世界は、難しいチャレンジも「ゲーム感覚」で楽しめる
(私はゲームさえも失敗が怖くてあまりやらない…)

顕在意識(自分でわかる領域)はすべての3〜5%程度。残りは潜在意識(自分でわからない領域)

心とのつきあいで重要な2つの柱
1. 制限となる思考(信じ込み)
例:やっぱり自分がやらないと…

2. 未完了の感情(過去のトラウマ)

この1と2の「自己否定」という呪いを解除、アンインストールしないと自分のしたいこと、やりたいこと、ワクワク、人生のミッションが出てこない!

24時間の中に「好きなこと」「ワクワクすること」の比率をあげていく 
そのためには「イヤなこと」「どうでもいいこと」「惰性」を減らしていく!

場所:文苑堂富山豊田店2階(素敵な空間でした!本棚イメージの壁紙がオサレです)

立花さんは身長が190cmもある長身で、ハキハキとよく通る声でお話しされていました。
午前はこの心の「あり方」がテーマで
午後からは同じ場所で「やり方」、アクセス10倍アップ ブログ&SNS講座でした。(こちらの報告はまた後日…)




少院客桟 北京で泊まった四合院ホテル

少院客桟
Xiaoyuan Hotel
これは今回利用したBooking.comに投稿したものをベースにしています。
f:id:yiyuan9390275:20160528175415j:image
良い点
まず料金が安い。両親と3人で利用。父はシングル(118号室)で私と母はツインの部屋(207号室)でした。スタッフがフレンドリーで親切。英語は通じます。(日本留学経験のある人には会えませんでした。)事前に気になったこと(5月2日に銀行が開いているか?など)をメールで確認しましたが、必ずお返事いただきました。
2階のテラスが花もキレイで良かったです。
シャワーのみですがお湯がちゃんと出て快適でした。(洗面台といっしょのスペースで床がぬれるのが都合わるかったですけど。)
ホテルの場所は大通りに出て少し歩けばいろんな庶民的なお店があり便利でした。最寄りのセブンイレブンは歩いて10分くらい。
f:id:yiyuan9390275:20160528175500j:image
残念な点
私と母は2階の207号室でしたが部屋の照明が暗すぎて本が読めなかったです。廊下のスペースに椅子があり夜はそこで読んでいました。風邪気味だったのもあるのですが、少々アレルギー反応が(鼻水がとまらず…)清潔好きな日本人にはちょっとキツイかもです。(掃除はされていましたよ。)
女性2人で身支度する時に洗面所以外に鏡がなかったのが不便でした。(父の部屋はせまいけど鏡がありました。)
まあゲストハウス的なところだと割り切っていれば、良いかと。
(朝食はとっていないのでわかりません。)
f:id:yiyuan9390275:20160528175632j:image
フロントでは万里の長城ツアーなど扱っていました。
帰りの空港行きのタクシーは300元とちょっとお高めでしたが、対応は良かったです。

「完訳7つの習慣」は一度は読むべし!


f:id:yiyuan9390275:20160515215242j:image
「完訳7つの習慣」
勝間和代さんのサポートメールで2週かけて紹介されていました。
富山市立図書館で見つけて読んでみました…というか、まずはフォトリーディングで、とトライしてみましたが結局この本は第1の習慣から進めていかないと効果がないのだと分かりました。(まあ、それもザッと目を通したから分かったことです)
以前、完訳版でない本にチャレンジして挫折していましたが…第1の習慣「主体的である」に心動かされました。周りにばっかりふりまわされていた(つまり反応的だった)学生の時の私に読ませたい!
「何が起ころうとも、それが自分に与える影響を自分自身の中で選択することができたのだ。」「私の同意なくして誰も私を傷つけることはできない。他人に自分の気持ちを左右されることはないのだ」

依存→自立→相互依存とステップアップしていくのが意外でした。
1度には理解出来そうにないですが、今回のサポメの助けを借りながらこの本の教えをもっと理解したいと思います。
f:id:yiyuan9390275:20160515215259j:image